仙台初詣当病平癒 介護保険  サイトマップ

仙台初詣当病平癒 介護保険 被保険者と受給資格者

仙台初詣当病平癒 被保険者

 保険料を払い、場合によっては介護サービスを受ける立場の人です。
外国人についても原則対象者*1と成ります。何れかの健康保険に加入している事が原則必要です(1号は特に必要としません)。
尚、身障者は別制度の枠組みで対処するので、適用除外者(被保険者と成れない)となります。
 被保険者区分には、1号被保険者と2号被保険者があります。これらの管理は、全て市区町村で行います。(何れかの市区町村に住民登録(又は外国人登録)されている必要があります。) 

  1. 1号被保険者
    65歳以上の人達です。
    強制的に被保険者証を公布されます。
    平成12年度では、2,200万人と推計されています。
  2. 2号被保険者
    40歳〜64歳の人達です。
    被保険者証の公布は申請した人にのみ行われます。
    平成12年度では、4,300万人と推計されています。

*1) 原則対象者
 外国人は、「1年以上連続して在日している事(滞在が確定している場合も可)」「自国の公務に携わっていない事」「外国人登録をしている事」が必要と成ります。

仙台初詣当病平癒 受給資格者

 第一に、被保険者で有る事が必要となります。
その上介護保険の恩恵を受ける為には、保険者より要介護認定を受けて資格者証を公布して貰う必要が有ります。
認定を受ける為には、1次審査・2次審査を受けて、要介護レベルを判定して貰わなければ成りません。
2号被保険者は、老化による要介護状態に対してのみ対象と成ります(15種類の疾病が対象)。
又、保険料(健康保険費・介護保険費)を滞納していた場合、各市区町村の裁量によって給付を制限されます。

要約すると次のようになります

  1. 1次審査
     各市区町村の調査員が申請者の所に訪問して問診調査を行います。
    まず被保険者(申請者)は、調査員による訪問調査にて、数十項目(完全には確定されていない。
    現在、85項目の内容は確定されそう。)の調査項目に答えます。
    調査員は被保険者から聞いた(又は目視で判断した)調査項目内容を鑑みて要介護レベルを判定します。
    この判定自身は、厚生省提供のコンピュータソフト(仕様内容は未公開)により行われます。
    その為、同じ内容を入力すれば、同じ結果となり個人差は出ない様に成ります。
    ただし、入力するデータの内容(身体状態の判断)により、個人差が発生する可能性は残っています。
  2. 2次審査
     介護認定審査会に於いて、既に調査員が1次審査で判定した内容で問題ないか、かかりつけ医の意見書も参考にして判定します。
    ここでは複数の審査員が判定を行い、個人差が出ないように要介護レベルを最終判定します。
    判定レベルは、「要支援レベル」「要介護レベル1〜5」の計6段階に分かれます。
    要介護レベル(又は要支援レベル)と認められない場合は、却下され差し戻されます。
    この場合、不服が有れば異議申し立てが出来ます。
     申請受付から認定結果提示まで、30日以内に行わなければならない取り決めがあります。
    間に合わない場合は、保険者が申請者にその旨、理由を説明して提示しないといけません。

 審査会構成委員は、医療関係者・福祉関係者・自治体の混成で組織されます。
現在、各都道府県または市に各々一つ以上組織が作られる予定ですが、各地方自治体の体力によっては広域対応(審査会共同運営)を目指そうとしている所も出ています。

仙台初詣当病平癒 介護保険TOPに戻る